株式会社J.M.Sは、平和と安全を確保し、災害に強い地域社会の実現を目指します。
安心して生活出来る社会の実現に
  
全勢力を傾注する企業であります。

現場レポート

〜 J.M.Sの復興支援事業で働きたいと考えている方へ 〜

現在、復興支援事業に携わる自衛隊OB・一般の方々へのインタビュー記事となります。
これまでの作業の中での一喜一憂・試行錯誤の中での苦労話などを掲載しております。

2013年11月入社柄澤さん(自衛隊OB)

プライベートやお休みの時は何をされているんですか?

現場作業員の仕事は大体定時に終わりますので、仲間と飲みに出かけたり部屋でゆっくりしています。

食事や寝泊りする所の環境はいかがですか?

おかげさまで至れり尽くせりの生活を送っています(笑)
朝・晩は宿舎食堂で日替わりで色々な料理が出てきますし、お昼も豪華なお弁当をお安く提供して頂いているので満足しています。
宿舎はプライベートが保たれていて清潔ですし、電子レンジを持ち込んでおつまみなんかをこしらえ、食べちゃったりしてますね。

Q,自衛隊OBの皆様を代表して一言

A,私たちは停年退職が早ければ54歳から始まります。 まだまだ現役で仕事をこなせる自信もありますが、やはり民間の方々のパワーも凄いですね。私たち現場の平均年齢も60歳前後になっていますが、お互いに切磋琢磨しながら技術に磨きをかけ、スキル・レベルアップして、いち早い復興を成し遂げたいと思います。

応募を検討される方へ一言

私は自衛隊OBとして参加していますが、民間の皆さんと触れ合えることができ、日々新鮮な刺激を頂いております。
皆さんのパワーに負けないよう、私も懸命に努力しておりますが、このような「仲間」が毎日増えることで今まで現場で足りなかったパワーがより増幅している気がします。
皆さんの到着を、現場作業員一同お待ちしています!

2014年11月入社宍戸さん

JMSに応募されたきっかけや動機を教えて下さい

妻の実家である西郷村への引越しをきっかけに、西郷村付近で求職中に、知人からとても良い会社があると紹介され詳しく聞いてみると自衛隊OBさんを中心とした楽しく厳しい会社で社会保険などもきちんとしていて、この会社なら不安もなく働けると思ったのでJMSに決めました。

JMSで働いてみて良かったことや感じたことはありますか?

最初に思った事は、色々と相談に乗ってくれる先輩方がいる事ですね。
自分のことはもちろん、子供が2人いるので父親としてなど子育ての相談や心配事を話すと真剣に相談事にのって下さる先輩方に出会えたことです。

今どんな内容の仕事を行っていますか?

今は、班長として職に就き、頼りになる仲間や先輩方とともに、住宅地(作業現場)の表土を削り汚染土を袋詰めして放射線量を下げ、綺麗に客土をしています。
又、民家の屋根及び壁や雨樋等の高圧洗浄を行っています。

そのお仕事での苦労や、やり甲斐について教えてください。

もちろん班長としての苦労はありますが、復興という大きな仕事にやり甲斐を感じています。
実際、除染作業をしていると宅地の周辺ではまだまだ放射線量が高いところがあります。
それをひとつひとつ線量を下げていくと自分たちが住む地域や子供達のために役立っていると実感できます。

今後どんな自分になってみたいと考えますか?

班長からのステップアップはもちろん、周りの先輩方のように責任のある行動をとり、会社から頼りにされる存在になりたいです。

応募を検討される方へ一言

東日本大震災で被った放射能により汚染された郷土を除染作業というまさに地を這うような仕事ですが一日でも早く安全・安心な郷土を取り戻すとてもやり甲斐のあるものです。
同じ志をお持ちの方のご応募お待ちしています!
株式会社 J.M.S
  〒101-0041 東京都千代田区神田須田町 2-6-5 OS'85ビル 5階
  TEL:03-5289-3011 / FAX:03-3257-3012
Copyright © 2011-2017 J.M.S Inc. All Rights Reserved.